5 以前の記事,
 
 
に対して,以下ご質問がありました.

教えてください。S状結腸が長い場合、そのまま右トルクですすめると手元のスコープがループを形成してしまいます。そうなる前に途中で何度か左に戻さなければいけないと思うのですが、その状況や方法、タイミングなどはいかがでしょうか。
 

あまり,偉いこと言えた身分ではありませんが僕なりに考えてみました・・・
その前に応援よろしくお願いします。人気ブログランキングバナー

右トルクをかけたままやっていくと確かに,ループとなりますね.でもそれでそのまま盲腸まで行いける人もいるのも事実.

このやり方も挿入方のoptionの一つとして,自分のものにしてもいいと思います.

①脾彎曲にかけた後に,直線化することもあります.

以上のやり方は,簡単だけど(覚えやすいけど)Sがのびてはまってしまう症例もあることです.

②右トルクをかけて,fiberのすすむ内腔を画面の右半分に確保→fiberをすすめつつこのときにトルクを自然に戻します

左右上下どの向きにfiberを向けていても,fiberをすすめている間に,そのトルクを戻すように僕は意識しています.

③もしくは,意識的に,しょっちゅうfiberを引いて(しかし腸からは抜けないよう),短縮しつつ入れていくことと思います.

個人的には,右トルクandダウン=左トルクandアップ,とほぼ同じと考えていますので,右だけに固執はしていません.


ただし最近思うのは,直腸は右ダウンで方向を探り,Sに入ってからは左トルクも有効なイメージを持っています.

僕は②を大切にしていて,常にfiberを進めつつ同時にトルクandアングルをfreeにすることを意識しています.


いろいろな施設を見学していますが,むりに軸短縮にこだわらずにループできてもいいんじゃない,とやっているところもあります.(ランキング本にのるくらいのすばらしい施設です.)

大切なのは,いろいろと自分のパターンを持つことと思います.(そう教わり,いい言葉だと感じています.)

以上,生意気述べさせていただきました.

もしよろしければ,ブログを読まれている先生方のコツも教えていただけないでしょうか?

その前に応援よろしくお願いします。人気ブログランキングバナー