今日はフード(キャップ)あり、鎮痛剤なし、鎮痙剤ありの施設で4件の大腸内視鏡検査を請け負いました。

盲腸までの到達時間は5分25秒、7分14秒、1分47秒、5分18秒、、でした。

最後の方は、子宮と卵巣摘出後で、前回の大腸内視鏡は痛くてたまらなかったとのこと。
今日はとても満足していただけてよかったです。


先週、とある大腸内視鏡の達人のいるHクリニックを訪問見学させて頂きました。

その先生の挿入方法のインスピレーションが残るうちに、早く大腸内視鏡を握りたくてたまりませんでしたので、今日は待ちに待った大腸内視鏡検査でした。

無送気ストレート法なのですが、基本的な挿入に対する考えは自分と同じであることを確認できました。
(生意気言ってスミマセン!)

大きな違いは、RsやSDでやたら押さずに「辛抱強く」、本当に「辛抱強く」、やっているということでした。

そんなわけでしばらく自分も時間を気にせず、辛抱強くやってみたいと思います。

もうひとつ、

抜去時の観察も非常に非常に丁寧で、自分ももっともっと見習わないといけないと感じました。

やはり、他施設の見学はとても勉強になります。

いろいろとコメントいただいており大変ありがとうございます。
また、何件かご質問も頂いておりますが、お返事滞っており申し訳ありません。
時間を見つけてお返事させていただきたいと思っております。

引き続き応援よろしくお願いします。


↓↓↓医師ブログ多数あります!↓↓↓