いざ、大腸内視鏡検査を受けることになりました。

 いったい、大腸内視鏡の専門家は何を考えてこの検査をやってくれるのか?


 そんな素朴な疑問にお答えします。

 

 私は、患者さんにとっての大腸内視鏡検査は、基本的に以下の検査の理由の3段階のうちどれかとして「位置づけ」ています。

 

 

①いわゆるスクリーニング


 軽い症状(腹痛、腹満、下痢、便秘、排便時出血etc.)、癌家系なので心配、検診で便潜血陽性などがそれにあたると思います。

 

病気が見つかるよりも、病気でないことがわかることが多いです。


 安心のための検査
です。

どうぞ安心して検査を受けにいきましょう。

 

②疾患を念頭においた検査


 貧血や下血などの症状があり原因検索、注腸(バリウム検査)でポリープがあるといわれた、それなりに続く症状があり特定の疾患を念頭に置いてその発見/除外/確認のため検査などがそれにあたると思います。

 

 病気が見つかることもありますが、(やみくもに薬を出したりするよりも)的確な治療へと結びつきます

 後悔しないための検査です。

不安な気持ちで過ごすよりも、先々に後悔するよりも、思い切って検査を受けにいきましょう。

きっと、納得のいく結果が得られると思います。

 

③診断と治療目的


 例えばCTで上行結腸癌が発見され、治療の一環として、手術前検査の一つとしての検査もここに入ると思います。

しかし、多くは実際にポリープがあったりした場合、これをとるための大腸内視鏡です。検査というよりも処置・手術といったほうが適当かもしれません。(内視鏡的手術、いわゆるポリペクです。)

 

ここで注意していただきたいのは、必ずしも「ポリープの切除⇒ポリープがなくなって一件落着」ではないことです。

 

切除したポリープは病理医という、顕微鏡でこういったものを診る専門家にまわされます。

そこで最終診断(確定診断)が出ます。

 

 

良性でないという結果がでることもあります。

 

しかし、ご安心を。

 

多くのものは粘膜内癌で、いわゆる早期癌です。

その後の適切なfollow upを受けることにより、そのせいで命を落とすことはありません。

 

唯一残念なことは、外資系生命保険会社のがん保険の多くは、粘膜内癌を「癌」とは認めていませんので、「ガンと診断された時の一時給与金」はもらえません。

 

 

結果によっては、追加の処置、開腹(or腹腔鏡)手術が必要な場合もあります

 

やはり、ご安心を。

 

その後の適切な手術を受けることにより、他の臓器への転移や再発等の可能性は極めて低いのが現状です。そのせいで命を落とすこともほとんどありません

 

ポリープ切除後も、きちんと結果を聞いて、あなたの担当医と「今後」についてよく相談しましょう。

ほかに知りたい話がある方は、コメントにリクエスト下さい。
ないときは、ランキングのクリックお願いします。

人気ブログランキングバナーFC2ばnnerらんきんぐブログ医療介護

医師ランキングブログバナ

Jrank banner