今日は,キャップなし,鎮痛剤なしの施設で合計10件の大腸内視鏡を請け負いました.
腸の動きを弱くする薬(鎮痙剤:ブスコパンなど)は,使えない人以外には使っています.

盲腸までの挿入時間は,
3分13秒,2分45秒,3分16秒,8分32秒,6分39秒,5分39秒,6分3秒,4分29秒,5分49秒でした.
(もう一人は癌のため内視鏡がおくまでは挿入できず計測外)


不快感を訴える方は,鎮痛剤を使用しないと使った場合に比べ若干多いと感じます.
そのため,内視鏡を動かす手が止まり,合計時間では1-2分の差があるような気がします.

今日は一日中フジノンの内視鏡でした.
フジノンは内視鏡では,オリンパスにつぐNo2のメーカーです.
しかし,僕の請負先の内視鏡は古くてだんだんハンドルが硬くなってきていて,水曜日が終わると左手が少し筋肉痛です.

明日もがんばりたいと思います.
ちなみに明日はオリンパスです.