今日はフード(キャップ)あり、鎮痛剤なし、鎮痙剤ありで1件の大腸内視鏡検査を請け負いました。

盲腸までの到達時間1分でした。
(62F)

今日の方は30年来の潰瘍性大腸炎の方だったのですが,

その間,いいときも悪い時もありましたが,手術になるほどのことはなく経過されていた方でした.

それなりの炎症の跡がありましたが,そのぶん,腸管がのびておらず,あっというまに挿入.

自分の技術はあまり関係なかったと思います.

これこそ,患者さんに感謝!の症例です.


ひきつづき応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングバナー


↓↓↓医師ブログ多数あります!↓↓↓
FC2ランキングブログ  JRANKお仕事ブログランキング   ブログランキング:医療介護  医学生.net.blogranking