今日は日曜日.大腸内視鏡はありません.

昨晩より,とある病院に週末の当直にきています.


なぜ当直に行くのか?

いろいろありますが,そのうちのひとつは,ズバリ,「稼ぐため」です.

現在,コロノ助は大学院生.

大学院の授業料を払っている身分なのです.

大学での検査や外来はありますが,もちろん無給.

生活費や学費はこうやって,医師としてのバイトで稼ぐのです.



大学で病棟をやっていたときもバイトはしていました.

大学の近くに住んでいるにもかかわらず,朝7時出勤で夜中の2時に帰宅.

にもかかわらず,その収入だけでは不十分.

上のDrも同期Drもみんなそんな状態.

(本来の)仕事が忙しければ忙しいほど,(バイトに行けず)貧乏になる.

そんな???に気づいたのは大学に帰ってきてからでした・・・

大学病院だけでなく,がん○ンターのような病院も同じようなもの・・・

今の日本の医療のおかしなところです.



医療訴訟

医師は稼ぎすぎ

などなど意見はありますが,

世界に誇る日本の医療は,こうしたパラドックスをかかえながらも働く,医師のボランティアに近い精神の上になりたっているのだと,少し感じます.



骨折した松井選手の手術を執刀したのは年俸2億7千万ほどのDrだとのこと.



マスコミは,

アメリカの医療はいい! 

それに比べて日本の医療は×××!!
その原因は日本の医師にあり!!!

のようなスタンスです.


先端医療をささえる日本の医師達のもつ給与パラドックスや,

日米Drの給与格差についても,

ちゃんと発表して欲しいですね.

なるほどとおもっていただけましたら,応援よろしくお願いします。人気ブログランキングバナー