今日はキャップ(フード)あり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で3件の大腸内視鏡検査を請け負いました。

盲腸までの到達時間は、2分19秒、3分59秒、2分34秒、でした。


最初の方は43歳男性、手術既往なし。
やはりこういう人はやりやすいです。SもTも伸ばさず、納得の挿入。

次の方は59歳男性、虫垂切除の既往。中肉中背(いわゆる中年体系)。
こういう方は、伸ばしてしまうと、腹押しがなかなかきかない(腹壁が厚い、筋肉が硬い等)ので伸ばさないことが大切です。
脾彎曲まではサクッといきましたが、ここがうまく越えられず、pushしたらSを少し伸ばした感があったので、もとにもどして仰臥位で挿入。
仰臥位で難なく入りました。
時間にこだわるわけではありませんが、体位変換すると30秒ほどのロスのになります。(どうでもいいことですが・・・)

胃カメラよりラクとおっしゃって頂き光栄でした。

最後の方は64歳女性、手術既往なし。
Sが伸びつつ脾彎曲に達し、そこでストレートにして、左側臥位のまま盲腸へ。

やはり理想は、Sも伸ばさず、Tも伸ばさず、と思っています・・・。


引き続き応援よろしくお願いします
医師ブログ多数あります!
FC2ランキングブログ  JRANKお仕事ブログランキング   ブログランキング:医療介護  医学生.net.blogranking