今日はキャップあり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で7件の大腸内視鏡を請け負いました。

盲腸までの到達時間は、13分、4分11秒、2分30秒、4分、8分、3分30秒、4分36秒でした。


盲腸+子宮筋腫+帝王切開の既往の方から今日ははじまり、

さっそく、「はまって」しまいました...


この施設は、胃カメラと大腸内視鏡を同日にやられる方がいらっしゃいます。

胃カメラ終了し所見用紙を書いている間に、患者さんののっているベッドが回転、

書き終わると、目の前にはすぐにお尻があって、大腸内視鏡をはじめられるようになっているのですが、

なかなか、僕の中でのリズムがまだ慣れません。


しかし、検査の方が早くすすんで、

内視鏡の洗浄待ち(機械待ちと呼ぶようです)がたまにあり、

その時は、一息って感じで、ちょっとうれしいです。


午後は外来をお手伝いさせて頂くのですが、

その道ではトップレベルの施設のため、

たくさん患者さんがいらっしゃいます。

まだまだ、戦力にはなれませんが、たくさん学ぶことがあり、

水曜日は、非常に「実り」のいい日です。

現在の請負施設の中ではそんな意味でNo1です。


明日はのんびり待ったり大腸内視鏡をする予定

引き続き、応援よろしくお願いします。人気ブログランキングバナー