今日はキャップ(フード)あり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で5件の大腸内視鏡検査を請け負いました。

盲腸までの到達時間は、5分、挿入不能!、4分、5分、—、でした。


今年こそは全例Totalを!と思っていましたが、とうとう挿入不能症例がでてしまいました。

74歳、男性、虫垂切除+その後腸閉塞の既往あり、poor prepの方でしたが、横行結腸(たぶん肝彎曲手前)のみとなりました。

敗因はおそらく
残便吸引時にairも入れてしまっていて、その量がつもりつもっておおくなり、
S状結腸がのびのびになってしまった・・・
ことと考えています。

ちなみに30分であきらめて、注腸検査(バリウム検査)へ変更です。


今年の984例目でした・・・・
昨年も12月に挿入できなかった方がいて、
自分もまだまだと反省です。


ヤマクリ先生、
ご来訪andコメントありがとうございます。
とにかく、あらゆる体位変換と腹押しに尽きてしまうところが、現在の自分の力量とおもいます。
如何?

今日の挿入できなかった方はあらゆる体位、腹押しをやりましたが、だめでした。無理に押してはいないので、「苦痛」は大きくはなかったはずと思いたいですが・・・


引き続き応援よろしくお願いします。

↓↓↓医師ブログ多数あります!↓↓↓
FC2ランキングブログ  JRANKお仕事ブログランキング   ブログランキング:医療介護  医学生.net.blogranking