当直中のできごとのお話です.

僕は外科(消化器外科,特に大腸)が専門ですが,当直をしているといろいろな患者さんを診ます.

外科ということで,整形外科系の方も多く診ます.
今まで,整形疾患について,きちんとトレーニングをつんだことはありません.
何か気になると,その時or後日(常勤の)整形外科のDrに聞いて学んでという感じでやってきました.

もちろん,当直の時間帯ですので,確実な診断(確定診断)をすることよりも,的確な診断(的確な処置)が大事と思っています.

シップや注射や薬で対処し,翌日の専門外来まで様子を見ていいのか?
入院加療が必要か?
すぐに処置できるような,高次の施設に転送が必要か?
などなどです.


こんな感じでやってきましたが,今まで特に(誤診等で)困ったことはありませんでした.
(もしかすると,翌日の常勤のDrがうまくfollowしているからなのかもしれませんが,そのような時はたいてい後日教えてもらえますので,今まではないと思っています.)

骨折を見逃さないか?など,常に心配しています.その心配こそが,慎重な判断(診断)に結びつくのでしょう・・・

しかし,不思議や不思議,「骨折」はたいていの場合(手足以外は),レントゲンをする以前に,わかります.
きっと,患者さんも,医者に来る前に,もうすでにわかっていることが多いのだと思います.

つまり,骨折は,それほどまでに,「異常な状態」,「普段とは異なりすぎる状態」なのだと思います.

ところが,

先日,夜間転倒し起き上がれなくなって足の付け根を痛がっている方が夜中に来ました.(AM12:30頃)

足は外転(外側にむいていること)し,動かせず,痛みも強く,今まで見たことはありませんが,「これは骨折だ!!」と直感しました.

その当直先の病院は救急病院ではなく,夜間のレントゲンは撮れないため,いくつかの病院に電話し,ようやく,転送を受け入れてくれる病院を見つけ紹介状を書いてQQ車で転送.

すると,3時頃に,その病院から,「骨折はありませんので患者さんはお返しします」との連絡があり,患者さんが再び!QQ車で帰ってきました(AM4時頃).

失礼なことに,紹介状の返事もなし!
骨折していません!の伝言のみ.
失礼極まりないですが,僕の誤診ならしょうがない・・・

でも,患者さんはやはり痛がっているし・・・

とりあえず,うちで入院,鎮痛剤投与,翌日レントゲンとって整形外科の先生に診てもらおう,と入院していただきました.

翌日(というかその朝),常勤のDrが患者さんとレントゲンをみて,
「やっぱり折れていますよね.」

他の病院に転送しようとしていたとき,先の患者さんを送り返してきた病院から電話がありました.

朝になり,その病院の整形外科のDrがレントゲンをみてびっくり,
「申し訳ありませんでした.骨折しています.すぐに当院から迎えの車を出します.」とのことでした.

そして,患者さんは,またまた転送となりました.
(その後手術して経過良好だそうです.ヨカッタ,ヨカッタ)

僕の感想.
まず,ひどい病院だ!と思いましたが,

最初に患者さんをみて送り返してきたDrは,紹介状の返事も書かないし,所詮,その程度のDrなんだろうけど,

・当直中のレントゲンを,翌日に専門のDrが再checkしてくれたこと,そういうシステムがその病院にあること,
・そして,すぐに電話をしてきてくれた整形外科のDr

この2つに,救われた気がしました.

(自分としては,自分の診断に自信を持って,明け方に患者さんがでもどってきた時に,再度他の病院をあたったほうがよかったのかと,反省しました.)

大腸内視鏡医コロノ助,一般外科医としても,日々精進したいと思います.
ひきつづき、応援よろしくお願いします。人気ブログランキングバナー