今日はキャップ(フード)あり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で7件の大腸内視鏡検査を請け負いました。

盲腸までの到達時間は、8分25秒、6分、8分14秒、6分、4分50秒、3分48秒、7分でした。


今日の検査にて、

70代のご夫婦が2人一緒に胃カメラと大腸内視鏡を同時に受けられてこられていました。

たまに、こういうシチエーションありますが、

何だかほほえましく、また、何となくうらやましくもあります。


また今日、他に、30代の女性が大腸内視鏡検査を受けられたのですが、

検査室に入るとご主人も一緒に部屋に入っていて、

挿入時から見学されていきました。(医療関係者ではないようです)

僕は検査時のご家族の見学(立会い)はwelcomeと思っています。

見られて困るようなことは全くする気もないですし、そういうneedsにもお答えしたいと思っていますので。

しかし、しゃべりすぎる見学者は、ちょっとこまり者ですが・・・
今日のご主人はそんなことなく、「ちょうどいい」感じでやりやすかったです。

奥様も満足していただけたと思うので、次回はご主人様が検査よろしくです。



今日の挿入時間の中央値±標準偏差は、
6分±1分42秒

・・・今日は受けられた方全員に、「全く痛くなかった」といってもらえて自分的にも大満足です。



引き続き応援よろしくお願いします。

↓↓↓医師ブログ多数あります!↓↓↓
FC2ランキングブログ  JRANKお仕事ブログランキング   ブログランキング:医療介護  医学生.net.blogranking