今日はフード(キャップ)あり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で5件の大腸内視鏡検査を請け負いました。

盲腸までの到達時間は、3分12秒、1分34秒、—、9分、4分22秒、でした。


—の方は浣腸だけしての大腸内視鏡検査で、直腸のみの観察でした。


ちょっとかわった「癖」がある患者さんのお話です。

この分野をやっていると、たまに、

「指でいつもいじっていて出血する」方々の

検査をすることがあります。
(ある特定の基礎的疾患をもつことが多いです。)

今日の方は、手が手首まですっぽり入ってしまうらしく、

そのため下血頻回あり、今日の検査となりました。

昨年も担当させていただきましたが、

今年の直腸の潰瘍は昨年より改善!

これって、その行為の回数が減ったのか、

もとの病気が治ってきたのか、

どちらかはわかりませんが、とにかくひと安心です

ひきつづき応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングバナー


↓↓↓医師ブログ多数あります!↓↓↓
現在1位!ご協力ありがとうございます。!