東大医学博士による胃腸科肛門科の最新医療ブログ「医師のための内視鏡専門講座」のご協力により提供しています。
                    ららぽーと横浜クリニック

大腸内視鏡のトップエンドレベルのドクターは、挿入をパターン化できています。

挿入を前半(SFまで)と後半(SF以降)に分けて組み立てるのです。

この方法を「2段階挿入法」ともいます。(軸保持、送気の有無は問いません)

 

この方法により、SFまでの挿入で多少のミスが出ても、SFでのストレート化が出来た時点で、それらをご破算に戻せる大きなメリットがあります。

SFまでをストレートで挿入できたら、一段落です。「さて、後半へ」といったところでしょうか。

 

無送気派では、典型的なSFでは、ルーメンは右上にあるはずです。

わずかプッシュ右ひねりして右上にあるルーメンへと襞をめくると、次のルーメンは左に位置します。

 

ここで、ややプル気味で左ひねりを行って襞を分け入ると、T/Cに入ったところに辿り着きます。

 

Doctor曰く、

SFまでの挿入で空気を多く入れてしまった場合は、このパターンははっきり捉えづらいかもしれません。

そこで、送気が多めの大腸内視鏡挿入流派向けに追加で書きます。

これまでも記述されてきたことかもしれませんが、SFで戸惑ったら右側臥位にするのが有効です。

 

・右側臥位にすることで、エアーがD/Cに集まり、そのエアーを吸引できる。

腸管内の空気をできるだけ少なくすることは、今さら書くまでもない鉄則です。

・右側臥位にすることで、T/Cへプッシュで進むことが容易になる。
SFが鋭角でなく、直角に近づく」という意味合いと、「T/C前半のプッシュ(詳しくは後日記載)でS/Cが伸展してしまうことが少なくなる」という意味合いがあります。
深吸気状態キープで操作するとうまくいく確率が高いです(横隔膜がSFを足側へ押して平低化している図を想定しています)。

 

 

我思う、

私はこうしています。

Sedation+の時は、深吸気状態で少しプッシュ。T/CがみえてくればmidTまで勧めます。

Sedation-の時、SFTscope headが入っている自信があるときは、仰臥位、少し空気を入れ確認。

自信がないときは右側臥位。この理由は、Tの重みでSFの鋭角が直角に近くなることが大きいような気がします。