私が大腸内視鏡をはじめた頃の恩師の言葉、大腸内視鏡指導を受ける前に言われた言葉です。

「先生
totalすることが大切なのではなくて、患者さんがtotalを 受けることが大切だからね。」


説明しま
すと、

初心者は、何かとむきになりがち。

内視鏡の挿入が難しいと、もっともっとむきになる。

長時間検査していても気がつかず、
患者の痛みにもやさしさを忘れ

それでは、患者さんはかわいそう。

そんなときは手を変えましょう。
検査を他の人にかわってもらいましょう。


大切なのは、私が検査を続けることではなくて、
患者さんが、確実に盲腸までしっかりと内視鏡を挿入されること。

賛同されたあなたはクリックお願いします!

人気ブログランキングバナーFC2ばnnerらんきんぐブログ医療介護

医師ランキングブログバナ

Jrank banner