今回は、大腸内視鏡検査に関わるコメディカルの方々へのお願いについて、お話したいと思います。

私は、さまざまな施設で大腸内視鏡検査をしてコメディカルの方を見てきました。

その中で、大腸内視鏡検査に携わるコメディカルの方々に、お願いしたいことが二点あります。

一点目は、是非患者さんとお話して、患者さんの緊張を和らげていただきたいです。

これは部屋に入って検査が始まるまでの間もそうですし、検査中に少し背中をさすってあげるとか、話しかけてもらうとかです。
そういったことをすることで、患者さんの注意・意識を内視鏡からそらし、緊張を和らげられると思います。

私の記憶では、最悪のパターンは、大腸内視鏡検査をやっているとある施設で、コメディカルの方が入ってきて注射だけして出て行ってしまうというようなことがあり、これは酷いなと思ったことがあります。

このお話を見ていただいた方は、是非患者さんの緊張を解く・不安を和らげるように動いていただけると嬉しいです。

患者さんがリラックスしていた方が、我々医師も、検査がとてもやりやすくなりますので。

 

二点目です。

大腸内視鏡をやっている医師というのも人間であり、しかも医師というのはこだわりなどが強くてうるさい人が多いです。

ただ、大腸内視鏡に関してはそれぞれの医師にそれぞれの流儀がありますので、それに大腸内視鏡検査施行医に、合わせていただけると嬉しいです。

全て下手にでて欲しいというわけではありませんが、大腸内視鏡を行う担当医が自分のペース・自分のいつものルーチンで行える、気持ちよく作業が進められる場を整える・提供していただけると良いですね。

そういう場を提供していただければ、内視鏡医はいつものリズムで行えるので、結果的に患者さんの負担も減るのです。

こういった点について意識していただけると、とても嬉しいです。

正直、医師というのは本当に困った人が多いと思います。
だからこそ、コメディカルのあなたが上手に医師をコントロールするぐらいの器・広い気持ちを持ってやっていただけると大変よいのではないかと思います。

以上、あなたの心と身体の健康管理にお役立て頂ければ、たいへん嬉しく思います。