このブログをはじめて2ヶ月になろうとしています。

大腸内視鏡の
挿入時間(盲腸までの到達時間)と、
検査後の患者さんによる100点満点アンケート

を日々更新させて頂いています。


大腸内視鏡をやっている人からは、多少の批判もあるとは思います。

そもそも、大腸内視鏡は「早さ」を競うものではありません
(それはわかっています。)
安全に、見逃しなく、が一番大切。

あと、快適に、も大切ですね。


しかし、インターネットとかで調べてみても、
  自称「名医」
  自称「権威」
  自称「専門施設」
  が多々あります。

学会専門医を持っているからといって、上手いとも限りません。

では、大腸内視鏡を受けたい人はどうしたらいいの?
不快な思いをしてしまった人は、この検査を嫌いになるだけ・・・

ネットで調べると、検査・下剤・薬などについて詳しく書かれているHPは多々あります。
(あなたも、大腸内視鏡関連の調べ物はそちらでして下さい。)

しかし、誰が本当にうまいのは、謎です。

そこで、

客観的、かつ、どこの施設でも測定可能な指標として、
挿入時間(盲腸までの到達時間)と、
検査後の患者さんによる100点満点アンケート
を公開することにしました。

医療施設ごとの手術成績(心臓バイパス術の手術時間や癌の生存率など)を公表するのと同じ感覚とお考え下さい。

判断するのは、あなたです。

ご質問はいつでもお受けします。
これからも、よろしくお願いします。

僕が使っているアンケート用紙です。
2006年 下部内視鏡検査前アンケート2006年 下部内視鏡検査後アンケート


 









ご同意頂けましたらクリック!