今日はキャップあり、鎮痛剤なし、鎮痙剤ありで1件の大腸内視鏡検査を請け負いました。

盲腸までの挿入時間は,5分


今日の大腸内視鏡はたった1件でしたが,特別でした.

と,いうのは・・・

今日は自分の中学からの友人の大腸内視鏡だったからです.


何かあったらシャレにならない...

いつも,そう思っていますが,今日は格別です.

痛がらせたくもないし...

scopeは細径のもの,もちろん硬度可変式を確保しました(PCF240AI).


やる前は,「ぜんぜん緊張していない」といっていた同級生ですが,

ブスコパン(鎮痙剤)を注射しているのに,結構spasm(腸の収縮)強く,

それなりに緊張させてしまっていたのだな,と反省しつつ挿入.

いつも以上に押さないで,

うまくいったつもりです.


やはりみんな緊張はするのですね.

それを肝に銘じた今日の大腸内視鏡検査でした.


応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングバナー