7月30日のブログ記事:大腸癌にならないために・・・に、ご質問(コメント)を頂きました。

内容的に、一般の方々にぜひ知っていただきたいので、ご紹介させていただきます。

(一部省略byコロノ助)
 先日の健康診断で便潜血が(+)となり、ずっとお腹の調子も悪かったためきちんと検査を受けておこうと市の指定の内科にかかったのですが、注腸検査を勧められました。
お 決まりの3分診療、私と目を合わせることもなく、私がバリウムについての不安を訴えたところ「そんなの(医療事故)は何万人に一人で、どの検査だって同じ」と言われました。
 大腸内視鏡の話は全くありませんでした。バリウム検査の予約を取って帰宅したものの、もし注腸検査でポリープが見つかったらまた下剤を飲んで改めて検査を受けなければいけないのかと思い当たり、検査はキャンセルして他の病院を探そうかと考えています。
私の判断は間違っているでしょうか??

 以上に対し、コロノ助はこう答えました。

 ご質問ありがとうございます.

 現在は、便潜血+の場合、全結腸の大腸内視鏡検査をうけるのが推奨されています。

 少し前までは、便潜血+の場合、①注腸検査+S状結腸までの大腸内視鏡、もしくは、②全結腸の大腸内視鏡検査をうけるのが推奨されていました。(実際①は注腸のみで済まされることが多かったですが)

 こんなこと抜きでも、お気づきのとおり、注腸で何か見つかれば再度下剤を飲んで大腸内視鏡となります。時間のある人、過去に大腸内視鏡の苦いつらい経験がある人、どうしても大腸内視鏡が嫌な人、以外は最初から大腸内視鏡がいいかもしれませんね。

 ちなみに、医者で胃/大腸でバリウム検査受けている人を僕は全く知りませんみんな内視鏡です

 

 外来担当のDr(もしくはその施設)とあまりいい「関係」が築けなさそうでしたら、現在の予約はキャンセルし他の病院を探すことに異論は全くありません。

 生涯の伴侶を探すつもりで、今回以降も必要に応じて安心してかかれるDr(施設)を探してください。

 

あなたの「名医」はきっとあなたの近くにいます。

あなたの「名医」に出会えることを応援しています。


あなたはどう思われますか?


ひきつづき応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングバナー


↓↓↓医師ブログ多数あります!↓↓↓