更新が遅くなりました。

今日は、キャップあり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で3件の大腸内視鏡を請け負いました。

盲腸までの挿入時間は、
5分22秒、17分13秒、3分33秒でした。


今日は、「下剤」に対してひとこと、言いたい気分です。

この施設では、9時に患者さんが来院後、院内でマグコロールを1.8L飲んでいただいています。

飲む速度も個人差がありますが、

それ以上に、同じ量を飲んでも、どれくらい腸がきれいになるかは、もっと個人差があります。

もちろん、これは誰のせいでもなく、誰も悪くないのですが...


ある時は、透明だけどたくさんの下剤が残っていて、合計1.5L吸引したことがあります。

あるときは、アマゾン川の濁流の如く(勝手な想像です)の中をすすむこともあります。

こういうときは、挿入技術以上に、自分の気持ちとの勝負と感じてしまう自分は、まだまだひよっこなのかもしれません。

注意)
少し前までは自宅で朝から下剤を飲み,午後から検査が主流でしたが,数年前に下剤飲んで腸管破裂で死亡事故があり,厚生省から,なるべく医療施設で下剤は飲むようにのような勧告が出ました.

今後同じような事故がおこっても厚生省はもう無関係ですむわけですね.勧告を無視した医師がわるいのですから.

よって,現在のところ、正式な方法は,検査当日に医療施設で朝から飲むです.

しかし,病院で飲んでいるとどうしても患者さんは動く事(→腸を動かし便もよく出る→大腸がきれいになる)が少なく,便は出たけど下剤の残る状態のことが多いです.