今日は大腸内視鏡検査はありませんでした。

このブログ読者(?)の方に、「このブログの対象はどんな人?
と、聞かれることがあります。

たしかに、一般の方には、少し難しく、
かといって、Dr(特に内視鏡医)にはもの足りない感じがするかもしれないなと感じます。

一番すんなり読めるのは、きっと、Nsや技師等のコメディカルの方々、および若手医師なのではないかなと思います。


m3.comという医療従事者専用の会員制サイトでは、「患者向け」サイトに分類されていました。


個人的には、

他のHPなどで容易に知ることのできる内容は載せていないし、今後も載せる気はありません。

(基本的な知識は、内視鏡.com大腸.comで得られますのでご参照ください。)

そこより一歩先を知りたい方をイメージして書いています。

あなたからの質問・ご指摘によりテーマを選び、臨機応変な対応をと考えています。

(それがブログという媒体のHPに比べたメリットかなと感じます。)


最近日常の診療の中で、ネット等で勉強している患者さんが、とても多いと感じます。

株や不動産などの投資活動同様、医師選びも自分の健康への投資ですので、とてもいいことと思います。

そんな一般の方々のお役に立てればうれしいです。


プロの内視鏡Drにはもの足りない内容かもしれませんが、

コメディカルおよび若手医師で、大腸内視鏡に関しての疑問等がまだまだたくさんある方、ブログを通して一緒に勉強できるとうれしいです。

皆様からの、質問やリクエスト、いつでもwelcomeですので、よろしくお願いします。


くどいようですが、

大切なのは,
無痛で快適,安全で正確,かつ早い
大腸内視鏡であると考えています。

個人的には、
あせらず,ていねい,確実に,おごることなく,日々精進
を意識してやっています。

挿入時間はひとつの目安にすぎません・・・

患者さんのリピート率の高さこそが、一般の方の求める評価なのかなと最近感じます。


最近ランキングが降下中、消えてなくなる前に、応援よろしくお願いします。人気ブログランキングバナー