大腸内視鏡前の下剤、これ、どこでもかなり不評です。

胃カメラは食止めだけですが、大腸は食止め+下剤(しかも2L弱)が必要です。大腸内視鏡が倦厭されるわけがまたひとつ・・・

下剤は、ニフレックだと2L、マグコロールだと1.8L(薄いもの)もしくは250ml(濃いもの)を数時間で飲むのが一般的です。
これに加えて、便秘の強い人には検査前3日間の錠剤の下剤(プルゼニド等)や、前日に液体の小さい下剤(ラキソベロン等)が処方されます。

私が以前大腸内視鏡を請け負っていた茨城県の田舎の病院では、高齢者が多いため1.8-2Lの内服は無理でした。

そこで色々試行錯誤し、「前日に早めの夕食、その1時間後に下剤を半分(0.9-1L)、検査当日朝に残りの半分」という方法に最終的に落ち着きました。

前日入院は希望に応じていましたが、ほとんどの方はご自宅で可能でした。これだと午前中からでも検査が可能でかなりよかったです。


ためになった方はクリックご協力下さい
人気ブログランキングバナー
FC2ばnnerらんきんぐブログ医療介護

医師ランキングブログバナ

Jrank banner