今日はたくさんありました.
午前中は都内,某医院(入院設備あり)で6件.ここは,キャップなし,腸の動きを止める薬のみを使用する施設です.(鎮静剤を使わないため,患者さんは検査後すぐに仕事に戻れます.)
盲腸までの挿入時間は,8分,10分,3分,3分,3分,3分.
比較的調子良かったですね.
上行結腸癌を発見!

午後も他の施設で検査.ここはキャップなし,薬も一切なし.術後の方が多いのが特徴の病院です.
一人目は3分30秒,2人目は諸事情で下剤なしで少しのみの観察でした.

鎮静剤(sedation:セデーション)について.
検査を受ける時,鎮静剤を使用してもらうかどうか?
答えは色々あると思います.

不安が強い,以前なしでやった時つらかった,などある人は使ってもらった方がいいでしょう.
反面,今までなしでやっているが,不快感はないor許容範囲内,検査後すぐに予定(仕事)があるならば,使用する必要はないと思います.
鎮静剤も薬ですので,薬剤アレルギーの可能性はゼロではありません.もちろん,その確率はとても低いですが・・・.

それよりも,大切なことは,鎮静剤等を使用せずとも,楽に挿入できる先生」にやってもらうことと思います.

このような大腸内視鏡医を僕は目指しています.