今日は、キャップあり、sedationありの大腸内視鏡でした。
盲腸までの挿入時間は6分4秒、7分54秒、3分30秒、2分4秒の4件でした。

患者さんに評価してもらおう!
ってことではじめたアンケートですが、「今日の大腸内視鏡に点数をつけて下さい。」に対して、だいたい90点または100点を頂いております。
ご評価ありがとうございます。

面白いことに、ここの病院では胃カメラ(上部内視鏡)は希望者以外はsedation(鎮静剤)なしで行っています。sedationなしの胃カメラに対する評価は、50点(普通)から30点が散在します。
sedationの威力だけではないでしょうがsedation偉大なりですね。

しかし、sedationばかりに頼っていてはいけません。

来年は、sedationなしの胃カメラでもいい評価をいただける様にがんばりたいと思います。
やはり経鼻内視鏡は必要か?