原文はこちら Last updated at 1:11 AM on 2nd August 2011
 Colonic irrigation ‘unproven and dangerous’: Diana’s fad is actually bad for you and can cause renal failure
 bit.ly/nvbxQv 

 
ダイアナ元イギリス皇太子妃、マドンナ、ブリトニー・スピアーズ……彼女たちはある共通の行為をすることで、健康管理をしていたそうです。その行為とは、腸内洗浄。

腸内洗浄とは、簡単にいうと、ポンプで水を直接腸内に送り込んで中を洗浄すること。こうすることによって、体から有害な毒素を除去して、腸内に住む好ましいバクテリアの成長を促し、免疫力を高めると言われています。

また、腸内洗浄によりお通じが良くなることで体重も減少するという人たちもいます。そのため、特に便秘になりがちな女性の間では、非常に人気のある健康法とされています。
 
しかし、多くの医師や科学者たちがこの健康法に異議を唱えています。

彼らは皆「科学的証拠が全くない」とか「腸内洗浄は健康的とはとても言えず、むしろ危険とさえ言える」などと、口を揃えて言うのです。

ではいったい、どのような健康被害が起きるというのでしょうか。

海外サイト「Daily mail」によると、ワシントンDCにあるジョージタウン大学医学部の研究チームは、近年腸内洗浄の効果に関する20の調査結果を発表。それによると、腸内洗浄が引き起こしたとされる主な副作用として、「筋痙攣・腸の張り・吐き気や嘔吐・腎不全・体に必要な化学物質を体外に追いやってしまう」などの症状が確認されました。

研究チームのひとりであるラニ・ミショリは、調査結果を踏まえてこう話しています。
「どこで誰が腸内洗浄を行うにしろ、多くの副作用が出てしまうことは否めないようです。そのように調査結果に出ているのです」 ミショリ曰く腸内環境を良くしたければ、バランスのとれた食事と睡眠、そして適度な運動をするなど、ただ健康的に生活しているだけでよいのだとか。定期的に医師による検診も受けていれば、さらに万全といえるそうです。

副作用が出ることを知っているのかいないのか、イギリスでは今も毎年約6000人もの人々が、腸内洗浄を行っています。有名セレブが行っていることもあり、ここ20年間で急速に広まったようです。

しかし多くの医師や科学者たちが、揃って腸内洗浄に反対の姿勢をみせていることもまた事実。

そして腸内洗浄効果の科学的根拠の無さは、国の機関である国民健康保険サービスでも言われていることなのです。なにより実際に健康被害が出ているという調査結果こそが、「腸内洗浄は危険」という1番の証拠なのかもしれません。それでももしあなたが腸内洗浄に興味があるというのなら、あらかじめ副作用を覚悟しておいたほうがいいかもしれませんね。

(上記、以下サイトより情報をいただきました。youpouch.com/2011/08/03/100047/