このブログでは、大腸内視鏡の盲腸までの到達時間を公表してきました.

決して,「早い」がすごいとは言いません.しかし,ある程度の客観的指標にはなります.

はじめの頃は,「挿入時間」ばかりに気がとられ,「早い」をめざしてしまってましたが,

数々の先輩に教えを頂き

(技術的にもメンタルにも)

現在は,あせらず,ていねい,確実に,おごることなく,日々精進を意識してやっています.
大切なのは,「無痛で快適,安全で正確,かつ早い」「安全安心思いやりの大腸内視鏡」と考えています.


正直なところ、10分以内の挿入であれば、挿入時間にあまり意味はないと感じます。

それよりも、

患者さんの不快度・痛み」、そして、「検査の満足度」「また次回受けたいか?」

こっちのほうが大切と思います。


僕の知っているDrでもこれくらいの(挿入時間の)人はたくさんいますので、この程度の挿入時間は自慢にもならないことも知っています。

しかし、世の中の人が大腸内視鏡をよりよく知るためには、ひとつのいい指標と思います。

このブログ以外に、挿入時間を公開しているところなんて見たことありません。

だからこそ、公開しているような部分もあります。

また、メールで頂くご相談にはできる限り答えさせて頂いております。
自己満足ですが、社会のお役にたてているのかもしれません・・・
(いい病院教えて!にはお答えしていませんのであしからず・・・)

何卒ご理解をお願いします。

ひきつづき応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングバナー


↓↓↓医師ブログ多数あります!↓↓↓