今日はキャップあり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で4件の大腸内視鏡検査を請け負いました。

盲腸までの到達時間は、4分19秒、4分35秒、2分11秒、3分でした。


ひとり、貧血(Hb6.9)精査のための大腸内視鏡検査で、直腸癌を発見。

2人目は、他院より、

「横行結腸の肝彎曲にポリープあり、(入院施設のある)貴院でお願いします。」と、紹介の方でした。

写真がついていて見てみると、そんなには大きくなく、これは見つけるのに苦労するかも・・・・と思いつつ挿入。

おめあてのポリープは難なく発見し切除。

ここまではOK。

そこから抜いてくる途中、15mmほどだが、しっかりした潰瘍をもち、liftingしない腫瘍を発見。

生検したけど、たぶん癌でしょう。

前回は見つからなかったけど今回見つかる。

前医を責める気は全くありません。

自分もそういうことのないよう、気を引き締めてやっていこうと思うばかりです。

今日の教訓は、

人の振り見て我が振りなおせ
ですね。

ひきつづき応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングバナー


↓↓↓医師ブログ多数あります↓↓↓