今日はキャップあり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で7件の大腸内視鏡検査を請け負いました。


盲腸までの到達時間は、4分、5分、16分、15分、4分、3分25秒、2分でした。
ブログランキング:医療介護


先週この施設は9件の大腸内視鏡検査をそつなくこなせました。

ぜひ、今週も!

と、やる気マンマン(?)で今日も検査開始。

最初の人は、4分。

  ぼちぼち、まあまあでんな~

次の人は60代女性、卵巣と胆石の手術既往あり・・・
これは少し気合が入ります。
そつなく、5分で挿入。

  ぼちぼち、まあまあでんな~

次の方は、S状結腸を伸ばしてしまって、はまりました。
16分。

  すこし自信消失・・・
  唯一の救いは、前回の検査も所見用紙を見ると大変だったよう・・・
  でもでも、修行が足りません・・・

次の方は、これまたどこをどうのばしたのか、15分。
きっと、SもTも伸びたのでしょう・・・

  自信消失、反省すれども、気分なえなえ・・・


この2例での「はまり」を察して頂けたのか、
かわいそうと思っていただけたのか、
こいつは「器」ではないと見くびられたのか、

その後は若めの男性をあてていただき、4分、3分。

  自信回復、やる気も復活!

最後は、なんと、久しぶりの直腸ca術後の方でした。
S状結腸がまっすぐになっていて、挿入カンタンで2分。

  うーん、明日もがんばれそう!FC2ランキングブログ



午後の診療中に電話があり、事務の方がつないでくれました。

どうやら、15分かかった方からの帰宅後の問い合わせのようです。

「みんなまわりは痛くなかったのに、どうして私だけ痛かった?」とのこと・・・

「腸が長かったからもありますが、(技術不足で)大変申し訳ありませんでした。」と、誤ってください、と伝えてもらいました。

 撃沈

そんなコロノ助に応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングバナー