いろいろな施設で、いろいろな条件で大腸内視鏡は行われています。 僕自身はどのような条件にでも対応できるようにと心がけていますが、何がベストか?は難しいですね。 僕の独断と偏見で言えば; 内視鏡のキャップはあったほうがラク受ける人も検査をやる人も)。 ブスコパンもやった方がラク(受ける人も検査をやる人も)。 sedationするならば、必ずちゃんとリカバリー室や緊急時のバックアップ体制が整っているところでやりましょう。 僕自身はsedationなしでも上手にできるDrにsedationなしでやってもらうのがいいと思っています。 sedationを行うと検査後3時間くらいはボーっとするみたいですね。