大腸内視鏡挿入にあたって、右手ばかりに意識がいっていませんか?

左手は胸の前にガッチシ固定され、up downアングル以外にもright leftアングルも親指でやることばかり気にかけていませんか?

 

左手よりも左を意識してみてはいかがでしょうか。

左手内のグリップ部分を、頭よりも高い位置から、検査台の高さまで動かしてみましょう。

右手内のスコープが想像以上に回転し、右手操作なくしてもスコープヘッドが動いてくれることを感じるはずです。

左手は「肩と肘」も大切です。

このとき、右腕-胸-左腕のなかで「フラループ」「ロックシンガーのマイクスタンド」をもつイメージも有用です。

如何!

人気ブログランキングバナーFC2ばnnerらんきんぐブログ医療介護

医師ランキングブログバナ

Jrank banner