今日はキャップあり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で5件の大腸内視鏡検査を請け負いました。

盲腸までの挿入時間は、3分9秒、3分14秒、—、9分42秒、2分41秒でした。


進行大腸癌があり、内視鏡が通過せずの症例1例。

子宮筋手術後で癒着にはまった症例1例。
(婦人科手術の既往は時と場合により大腸内視鏡の大敵です・・・)

ほか、ポリペク(EMR)3例。

盛りだくさんでした。

引き続き応援よろしくお願いします。