今日はキャップあり,鎮静剤なし,鎮痙剤ありの施設で3件の大腸内視鏡を請け負いました.

盲腸までの挿入時間は,5分5秒,6分,6分5秒でした.

(全員はじめての大腸内視鏡検査でした)


鎮痛剤を使わない時は必ず,

使っている時も,患者さんが寝ていない時はほとんど,

挿入中も患者さんに話しながら大腸内視鏡をやっています.

(初期に指導いただいたDrに,そのほうが患者さんの不安が軽減されるとすり込まれたため)


今日,抜去観察中,みなさんに,次回は鎮静剤ご希望されますか?,と聞いたところ,

全員,

「(不快度が)これくらいなら,(鎮痛剤は)いらないや」

とのお言葉を頂きました.

僕に気を使ってくれていたとしたら,スミマセンが,

うれしかったです.


3年前にこの病院に来たときは,大腸内視鏡はほとんどやっておらず,

はじめてみると,進行癌がたくさん見つかりました.

それが,今日は3件も入っていて,

みなさんに,喜んでいただけ感謝され(思い込み?),

いろいろ一緒に付き合っていただいた,看護婦さん方には感謝感謝感謝の気持ちでいっぱいです.


この病院,茨城県の片田舎にあるのですが,

俗にいう,M&Aにあい,法人が変わりました.

病院の今後の方向性も変わるため,次回で僕もこの病院とはお別れです.

今日は病院スタッフのご家族の大腸内視鏡もありました.

いなくなる前にぜひお願いします,とのことだったのですが,

3年間の自分をよく評価していただき一応「合格」印をいただけたということと考えさせていただきました.


GW明けからは,新たな請け負い先でがんばりたいと思います.
応援よろしくお願いします。人気ブログランキングバナー