今日はキャップ(フード)あり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で6件の大腸内視鏡検査を請け負いました。

盲腸までの到達時間は、4分54秒、7分、4分58秒、6分48秒、5分58秒、3分35秒、でした。


みなさま、ご来訪andコメントありがとうございます。

ケン三郎先生、
すみません、ダブルバルーンでESDについてはよく知りません。
ダブルバルーンの内視鏡を握ったことないのでなんともいえませんが、そんなもんなくても・・・と感じてしまいました。
もちろん、こういういろいろなことをやることには賛成です。大学病院や大きい市中病院レベルには1本くらいあったら便利かもしれませんね。

CF初心者先生、
「どうしますか?」と聞かれたときに、迷わず、
「いつもどおりで!」とか「この施設のルーチーンでお願いします!」と答えています。
だいたい切開・凝固ともに30-35位です、たぶん。
僕はいつもブレンドでやっていて、切れの悪い時は切開を使います。

他の先生方はいかがでしょうか?


引き続き応援よろしくお願いします。

↓↓↓医師ブログ多数あります!↓↓↓
FC2ランキングブログ  JRANKお仕事ブログランキング   ブログランキング:医療介護  医学生.net.blogranking