今日はキャップあり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で6件の大腸内視鏡を請け負いました。

盲腸での到達時間は、4分12秒、7分18秒、3分55秒、2分50秒、—(S状結腸まで)、5分19秒でした。

調子も少し戻っていいかんじでした。


Good news!

先週、この施設で経鼻内視鏡のデモをお借りしたのですが、

スタッフの方々の評判もよろしいようで、

ぜひ、購入の申請を(病院の上層部に)出しませんか?と、のお話がありました。


まだまだ経鼻をやっている施設は、主流ではないと思いますので、集客効果!?も含めて、いいのではないか?と思います。

経鼻内視鏡は、個人的には画面が少し暗め、吸引が弱いなどの点で、通常の内視鏡よりも、「めんどくさい」面があるような気がします。

しかし、「医もサービス」、ですので、

希望者には対応できるようにしておくのが、それぞれの医療施設の(それぞれのDrの)使命と感じます。

ひきつづき、応援よろしくお願いします.人気ブログランキングバナー