今日はキャップあり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で4件の大腸内視鏡(大腸カメラ)を請け負いました。

盲腸までの挿入時間は、3分35秒、3分43秒、5分13秒、—でした。


この施設は、いわゆる検診センター的なところではないため、癌や高齢者、透析患者さんの大腸内視鏡がよくあります。

今日の最後の方(時間測定なし)は、婦人科の腫瘍の方でした。

腫瘍のため大腸が圧排されていないか?
腫瘍が腸をくっていないか?

などなどをみていくわけです。


明日は、新たな請け負い先での初出勤です。

今晩からすでに少し緊張気味・・・

いいとこみせよ、

と、いう気は全くなく、

どつぼにならないか、だけが心配です。

そこでやっぱり、応援クリックお願いします!   人気ブログランキングバナー