今日はキャップあり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で5件の大腸内視鏡(大腸カメラ)を請け負いました。

盲腸までの到達時間は、5分28秒、5分24秒、1分34秒、5分、9分30秒でした。


最後の方は、今まで2回他院で大腸内視鏡(大腸カメラ)を受けているけど、2回とも、「横行結腸が長くて最後まで入らない」といわれていた人で、

今年、バリウムの検査(注腸)を行ったら、一番奥に何かあるかも知れないとの診断で、紹介されてきた方でした。


予約順番でいくと最後ではなかったのですが、そんなわけで、気合を入れて最後にじっくりさせていただくことにしましたが、

そこまでてこずらずに挿入できてよかったです。


盲腸までなかなか入らない時、

手を変えてみる(つまり検査医をかえる)、というのはひとつのいい選択だと思います。

癖がかわれば入ることもあります。

しかし、それがなかなかむずかしいんですよね。

そんなわけで、

紹介してきて頂いた病院のそのDrの心意気に感心しました。

これからもひきつづき応援よろしくお願いします。人気ブログランキングバナー