今日は休日,週末当直中です.
CF初心者さんより質問を頂きました.質問と答えをupさせていただきます.
あなたのコメントお願いします.


コロノ助先生いつもたのしくよませていただいております。
基本的な質問です。
SDジャンクションを越える際にあまり急峻でない症例はUP+ターンで超えることができると思うのですが、非常に急角度になってしまった場合にはどのように超えていますか
挿入法の本を見るといろいろ書いてあってよくわかりません。

それと本郷メディカル鈴木先生に質問です。
術後の癒着性イレウスで手術が必要になった症例で開腹したときの経験からはとても腸管はストレートにはならない気がするのですが、いかがでしょうか。逆にストレートにすると癒着が破れて大変なことになる気がします。GYNEの手術後の人などの挿入のコツも教えてください。おそらく右手に抵抗なく挿入するのが難しい人もいると思います。

メールありがとうございます。コロノ助です。
確かに,簡単な人はUp+ターンでも越えますし,何も考えずに越える人もいます.
しかし,
「あまり急峻でない」という表現の時点ですでにfiberはRs(S top)を頭側へ押しており,すでに少しのびてしまっているのだと感じました.(如何?)
本当に伸ばしていない時は,スコープヘッドを左右にふるだけでいけます.
イメージとしては,スキーのスラローム,ボクシングのスウェーイングでしょうか・・・

非常に急角度になってしまった場合は,肛門からSDJまでがのびていると察します.(如何?)
まず,そのように伸ばさないのが大切ですが,なった時は,
(airとともに)fiberを抜いて再try
仰臥位になると少し腸の形が変わりできる
症例もあると思います.
仰臥位+腹押し でいかかでしょうか?

しかし,この時点ではきっと患者さんも痛いといっているので,BESTそこで上級者にかわり,どのようにそこを越えていくか見て盗んでください.自分での完遂にこだわりすぎるのはよくありません.
画面ばかり見るのではなく,右手と左手,左手で持つfiberの位置(向き)の変化も見るようにしてはいかがでしょうか.


本郷メディカル鈴木先生への質問に関しては,投稿ありましたら,upさせていただきます.

僕的には,僕も外科手術の経験からそういう症例はいると思います.
しかし,誤解を恐れずに僕が感じるままに言うと,
ストレート法は「いわゆるショートニングを(必要と)しない」挿入法なのです.
fiberの先の圧を右指に非常に繊細に感じつつ,伸ばさないように挿入していきます.そして伸ばさず挿入します.

「のびたループをfiberをねじりつつひいてまっすぐにする」ことはないため,その操作で癒着が破れて・・・はないのだと思います.
たとえ軽くfiberが曲がっていても,そのまますんなり力が伝わっていて,特に腸管の壁をおすことなくはいっていくイメージだと思っています.

如何?

他の先生方もぜひぜひコメント,ご回答,ご回答への再コメント等,よろしくお願いします.

ひきつづき応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングバナー

↓↓↓医師ブログ多数あります!↓↓↓
FC2ランキングブログ  JRANKお仕事ブログランキング   ブログランキング:医療介護  医学生.net.blogranking