今日は大腸内視鏡検査はありませんでした。

ご存知の方も多いかもしれませんが、大腸内視鏡の挿入方法/理論についてのマニアなブログ著者の中嶋清司Dr若手ドクターのための大腸内視鏡検査法 より、以下の提案がありました。

ぜひ先生の挿入理論をどんどん聞かせて下さい。僕も人のいろいろな理論を
聞くことが好きだし、それについてみんなで議論し合うことにも賛成です。
コロノ助先生に、何かテーマを決めていただくというのはどうでしょうか?



僕の挿入方法については、「大腸内視鏡挿入方法について」にあります。

ぜひ、このブログを読まれている大腸内視鏡医の先生方、年齢や経験問わずで、自分の気をつけている点やこだわりについて、教えてください。


中嶋先生のブログを読んだり、ベテラン先生の挿入方法を教えてもらったりしている時に、僕がつくづく感じるのは、

自分は、理論派でなく、感覚派(感性?)だなということです。

昨年まで、あまり大腸内視鏡を理論的に教えて頂くことがなかったことも一因かもしれません・・・

ぜひ、他のDrのこだわりも教えてください。

また、いつもDrの検査を支えてくれているコメディカルの方々からのご意見も頂けるとうれしいです。

こういうコメディカルの方こそ、検査を見慣れていて、うまい大腸内視鏡医の条件とか、一般人の求める大腸内視鏡とか、いちばん知っているんじゃないかな、と感じます。

賛成!
と思っていただけましたら、応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー