厚生労働省のによると、

2003年に大腸がん検診を受けた人は

約640万人

そのうち、精密検査となったのは7% (44.8万人)。


精密検査の受診率は55%、
つまり、26.64万人がちゃんと精密検査を受けに行ったということで、

その受診者の2%(4928人)に大腸がんが見つかっているそうです。


返せば45%(18.16万人)は精密検査となったけど、検査を受けに行かなかった!

つまり、3632人は、精査にいくように指示があってもいかず、ガンが見つかる機会を逃したということになります。

Why?

精密検査に行かなかった理由は色々あるとおもいますが、

大腸内視鏡検査は怖くない

と、いうことが広まれば、少しは精密検査の受診率が上がってくれるような気がします。

そこらへんに、このブログの存在意義があると、うれしいと思います。

大腸内視鏡はラクなもの、もっとラクに検査を受けましょう。

今後とも皆様のご協力をお願いします。
人気blogランキング