私の挿入方法は、主に無送気軸保持ストレート法です。

「直腸は左にはじまり」

Rsから右トルク主体」

Sは短縮」

SFのルーメンは右上、この壁をめくり左のルーメンにひねって分け入るとT

「脾彎曲についたら仰臥位or右側臥位」(Sが長めの人は右側臥位)

「吸気で軽くpushし軽い左トルクとともにmid-Tを目指し」

「右トルクとのびた分を引き込むイメージで肝彎曲へ」

HFのルーメンは左上、この壁をめくり右のルーメンにひねって分け入るとA

「うまくいっているときは肝彎曲をカーブと感じず、虫垂根部に到達」

如何?

人気ブログランキングバナーFC2ばnnerらんきんぐブログ医療介護

医師ランキングブログバナ

Jrank banner