当直中,ネットで見つけた商品DEMECAL.おそるべし... 指先にチクッと針をさして自分で血一滴とれば,生活習慣病から癌検診まですべてわかるそうです.結果は携帯やパソコンからチェックできる.異常があれば医者へって仕組みですね. こんな少量の血(0.5ml)でわかるの!?しかも自分で採血できる. 人間ドックや検診センターは患者さん激減!?研修医の仕事(採血)も激減!?(←これはうれしいかもしれませんね) どんどん便利な時代になっていくのですね. 大腸内視鏡はまだ大丈夫,と思いたい気もします. しかし,CTコロノスコピーといって,すでに,おしりからカメラを入れなくても,CTである程度の大きさの病気まではわかるようになっています. ただ,その正確性・コスト・やれる施設と・・・などなどの理由で「世に広まっては」いないだけ. これが普及すると,大腸内視鏡医の需要は減るだろうと危機感を新年早々もちました. 僕にできることは, 切磋琢磨するのみ. 切磋琢磨するのみ. 明日からの大腸内視鏡,がんばります. DEMECALおそるべし…でした.