今日はキャップ有、鎮静剤ありで3件でした。

盲腸までの到達時間は、2分45秒、9分34秒、1分55秒とまずまずでした。
1件ポリープ切除(EMR)。

アンケート結果の追記(順不同、アンケートを頂けた方のみ)(by1/26

1/24 100,100,100



全員同じ下剤(マグコロール1.8Lを当日朝から)を飲むのですが、
残っている便の量、質はさまざま、と思いました。

おおきい憩室内に残っていた便が、キャップの内側につまり、水をフラッシュしても抜けず、結局一度内視鏡を抜去する羽目になりました。

キャップを使うメリットは、
挿入時に空気をほとんど入れないですむ→痛み、張りが少ない
やりやすい

がありますが、

デメリットとして、
便がつまって、どうにもこうにもできなくなるときがある、
ことを思い知らされました。

もちろん、下剤をがんばって飲んで頂いた患者さんのせいではないです。
「体質」ですね。


明日はキャップなしの施設での大腸内視鏡です。