今日はキャップ(フード)あり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で7件の大腸内視鏡検査を請け負いました。

盲腸までの到達時間は、7分32秒、7分、1分47秒、5分3秒、7分14秒、—、3分40秒でした。
(女性は1,2,5,6,7番目、他は男性。年齢は28,54,30,76,57,35,67歳。)



今日の挿入時間の中央値±標準偏差は、
6分±2分19秒
・・・だいたいこんなところです。

今年の大腸内視鏡はこれでおわりです。

挿入時間、年間を通じては、
中央値±標準偏差は、4分43秒±3分19秒でした。
(平均だと5分26秒)

時間なんかよりも、
軸がぶれなくなったとか、SもTも伸びず曲がらず挿入できる症例数が増えたとか、
より「プロ」意識をもって大腸内視鏡を行うようになったとか、
自分的には成長できた1年間でした。

ブログを通じて(また、プライベートでも)御指導頂きました諸先生方、誠にありがとうございました。

また、いろいろコメント下さいました「あなた!」
本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願い申し上げます。

引き続き応援よろしくお願いします。

↓↓↓医師ブログ多数あります!↓↓↓
FC2ランキングブログ  JRANKお仕事ブログランキング   ブログランキング:医療介護  医学生.net.blogranking