今日は、はるばる100kmの道のりをかけて茨城県の病院です。

キャップなし、鎮痛剤なし、鎮静剤なしで1件。


2月中頃より下血あり、放置していたとのこと。

2月下旬に脱水と意識障害あり、QQ車で来院し、入院。

状態も落ち着いてきたので、

本日、下血の精査のため大腸内視鏡、でした。ブログランキングの応援もよろしくお願いします.

おしりからカメラを入れると、20cmくらいのところより、粘膜の炎症あり、患者さんも痛いとのことで、細胞を少しとって検査終了としました。

おそらく、虚血性腸炎でしょう。


虚血性腸炎

簡単にいうなら、脳梗塞や心筋梗塞の一歩手前が、脳虚血性発作や狭心症ですが、その後者にあたる腸の病気ですね。

たいていは、下血や腹痛があり本人が来院するのですが、

一人暮らしのお年寄り、

などで、がんばりやさんでがまんしすぎると、

今回のように、倒れてしまって家族が発見後、来院。

都心ではあまり経験しないパターンでしたので報告させていただきました。

ブログランキングの応援もよろしくお願いします.