明日より,再び大腸内視鏡検査です.

このブログでは日々,大腸内視鏡の挿入時間を公表しています.
ブログではネタとして扱っていますが,挿入時間は,あまり意味はないものと思っています.

ちょうど,株之助さんが, 「株!デイトレードの結果を日々公開するブログ」で日々の収支を公開してるようなものでしょうか・・・

きっと株之助さんも自慢するために書いているのではなく,あくまでこれ見て参考にしてね.気になったら勉強してね!という感覚なのだと察しています.

僕くらいの挿入時間のDrはそれなりにいると思っていますので,挿入時間を自慢する気もありません・・・


そもそも,患者さんは大腸内視鏡受けるのにほぼ一日仕事としてきます.

朝から下剤を飲み想像以上の下痢に追われ,
穴あきパンツはいて,おしりにカメラつっこまれ,
夕方(ないし夜)までおなかの張りとおならで一日が終わる,のです.

そんな中で挿入時間が2分だろうと5分だろうと10分だろうとあまり関係ないと思っています.

一般的には,患者さんが許容できる不快の中で,コンスタントに同じ時間・同じような挿入方法で挿入できれば,それは大腸内視鏡技術が一定ということでいいのではないかと思います.
マニア(コロノピスト)はそれだけではものたりません・・・

大切なのは「無痛で快適,安全で正確」で,その後に「かつ早い」とつづくと思います.

僕が目指すのは, 「また来たい」大腸内視鏡.

これを目指すには大腸内視鏡の技術も以外に,サービス精神も多々必要です・・・

明日からまたがんばりたいと思います.