こういう結果もありなのですね。

切除不能大腸癌に対する標準化学療法へのセツキシマブ追加のベネフィットを非盲検無作為化第3相試験で検討。KRAS野生型の切除不能大腸癌(化学療法単独群367人、併用群362人)では奏効率は上昇したが、全生存期間中央値は単独群17.9カ月、併用群17カ月で、セツキシマブによる全生存期間延長効果は見られなかった。 

文献:Maughan TS et al.Addition of cetuximab to oxaliplatin-based first-line combination chemotherapy for treatment of advanced colorectal cancer: results of the randomised phase 3 MRC COIN trial.The Lancet, Early Online Publication, 4 June 2011.