今日はキャップあり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で4件の大腸内視鏡を請け負いました。

盲腸までの挿入時間は、3分16秒、4分47秒、10分45秒(胃手術後)、2分37秒でした。


最近再び調子が上向きです。

その理由はスコープを握る位置に関係あるのかもしれません・・・・続きの前にクリックよろしくお願いします。人気ブログランキングバナー

今さらなんですが・・・

いくつかの施設で、ベテランの先生方の大腸内視鏡を見学して、あることを発見しました。

「初心者よりもベテランの先生の方が、肛門とスコープを持つ右手の距離が
長い人がいるような感じがします。」(スコープを長く持つ傾向がある)


最近、自分もそういう感じでtryしつつ、何となく、その方法の「やりやすさ」をつかもうとしていました。

その時、毎度の仏の塾長様にアドバイスいただき、自分の中のモヤモヤしていた「感覚」が「確信」にかわりました。

以下、頂きましたアドバイスのpointです。

これは当然です.
初心者のうちはスコープヘッドへの力の伝わり方が落ちやすいため少しでもスコープヘッドの近くを握りたくなるのですが,上手くなってくるとスコープヘッドへの力の伝わり方が落ちにくくなるため,遠くが持てるようになるのです.
ではどうして遠くを持つかというと,スコープを挿入していったときに,持ち替える回数が減り,大きくスコープを操作することがきるからです.

この、大きくスコープを操作という感覚をつかめそうな感じが、何となく自分のものにできそうな感じがして、最近意識してやっています。

すでにご存知の方も多いと思いますが、あなたもこの感覚をtryしてみては如何?

仏の塾長様どうもありがとうございました。
引き続きご指導よろしくお願いします。

引き続き、応援よろしくお願いします。人気ブログランキングバナー