今日はフード(キャップ)あり、鎮痛剤あり、鎮痙剤ありの施設で4件の大腸内視鏡検査を請け負いました。

盲腸までの到達時間は、5分9秒、20分25秒、12分、6分、5分44秒、8分15秒、4分53秒、でした。

朝検査室に入り、壁に貼ってある「本日の検査伝票」を見て、相変わらず多いな~と思っていると、

ある患者さんの伝票に、◯◯(コロノ助の本名)先生指名の文字。

スタッフの方々もおもしろそうに、先生ご指名ですよ!のお言葉。

聞いてみると、この施設の女性だそうで、

そのような人からの指名が入るほど、自分も認めてもらえたのか!

と、一瞬思ってみましたが、そんなわけはなく、

大腸内視鏡は顔見知りではやっぱり少し恥ずかしいってことで、非常勤の僕とのことだそうでした。


月曜日にフード(キャップ)なしでやってから、少しサボってairを多めにいてれしまっていたのですが、

はまらない時は早いこの挿入法、

はまると、腸がパンパンに張り、ドツボのドツボでした。

結果、痛くてつらい大腸内視鏡検査となってしまいました。申し訳ありませんでした・・・


やばい!ご指名職員の大腸内視鏡の前に調子を取り戻さなくては!

ってことで、意識すれども意識すれども、やっぱりはまってしまいました。

介助についてくれているNsに、「職員の前までには調子を戻したい」というと、

「あら、もうもどっているじゃないですか。」などと、うれしいお言葉。

社交辞令とわかっていても、単純な僕は、悪い気はしません。

おかげで少し調子を戻して、ご指名検査でした。

何とか4:53でいい形で挿入し、ご満足いただけた(?)と思っています。

やはり、できる施設は介助のNsが違いますね!


その後聞くところによると、この方今まで2人の先生の大腸内視鏡を受けたそうですが、名前を聞いてびっくり、

名人として有名な某クリニックのS先生、またまた達人の某病院のT先生。

いずれも全く痛くなかったとのこと・・・・

今日の自分はどうだったか知りませんが、

検査前に知っていたらもっとプレッシャーになっていたかもしれません。

ひきつづき応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングバナー


↓↓↓医師ブログ多数あります↓↓↓