今日はキャップあり,鎮痛剤なし,鎮痙剤なしで1件の大腸内視鏡を請け負いました.

OLYMPUS社の今でている最新の内視鏡Q260AIをメーカーさんにお借りすることができ,tryしてみました.

こういう時は,業者の方が,(患者さんに断った上で)検査室内にいるので,いつもとは違う緊張感があります.

患者さんは1年前に僕が大腸polypをとった50代の男性.
(鎮痛剤なくてもちゃんとこういう方がちゃんと1年後に来てくれるととてもうれしいです.)

盲腸までの挿入時間は,2分10秒
(くどいですが,鎮痛剤なし鎮痙剤なしです)

ホンネ:「よかった,よかった,はまらないで.」
 (心の中での声です.)

実際は患者さんに
「昨年の大腸内視鏡検査に比べて感じかたどうですか?」

患者さん
「うーん,今年のほうが,左下の方がすこし押されたね~.」

「オイッ!」(失礼,心の中の声です.)

実際の感想は,

内視鏡が新しくなって画質がよくなったらしいのですが,古いままの装置では違いはわかりません.

まったく,わかりませんでした.

内視鏡自身の具合は,

これも変化なしでした...


新しいものは好きなので,このブログをご覧のメーカーの方,ぜひコロノ助に,新しい内視鏡をtryさせて下さい.人気ブログランキングバナー