人が悩むのはどうしてでしょうか?

将来の判断に影響するほどの過去の関係性にとらわれすぎると、
心配になり、人は悩みます。

そこから、不安とストレスの負のスパイラルが始まります。

この過去の関係性は「しがらみ」となります。

人の悩みには、他人との関係性が根底にあることがほとんどです。
これを、人間関係(の悩み)といいます。

簡単な例を挙げると、
働く人の不安、ストレス、悩みの原因は、
人間関係と仕事の質・量(C)と言われています。

仕事の質・量は、悩みの原因の本質ではありません。
(体力的にキツいなどの直線的なものは除きます)

本当の原因は、それ(C)により引き起こされる
周囲の人との関係(B)が問題であることが
往々にしてあります。
****************************************
もう少し抽象化して説明すると、
Aさんが、Bさんと関係のあること(C)で、悩んでいるとします。
これは、多くの場合は、CについてではなくBさんとの関係性の問題で、
実際は、
AさんはBさんとの人間関係で悩んでいる、ということです。

詳しく考えてみると、

Aさんには
Bさんに対する過去の評価や恩義があり、
現在の悩み事Cについての選択によっては、
Bさんとの関係(過去からの評価や恩義)が変わることを
悩んでいるのです。

つまり、実際のところ、
Aさんの悩みはCということではなく
Bさんとの関係性の未来についての不安なのです。

でも、本当は、
未来のことについて不安を感じる必要はありません。
未来について悩む必要はありません。
なぜならAさんは、
他人との関係性ではなく、
自分の意思で、自分の判断で、
自分の未来を選択すればいいだけですから。

Bさんとの関係は、過去の評価や恩義にとらわれることなく
自分の選択をすればいいのです。
そして、
未来でのBさんとの新しい関係性を構築すればいいのです。
常にAさんが、このことを意識していれば、
きっと、もっと評価や恩義のある、いい関係が気づけるはずです。
そのことを理解できないBさんだとしたら、
それは、その点においては
Bさんの器が小さいか
Aさんの器が大きくなった証拠です。
新しい異世界への旅立ちのときかもしれませんね。
****************************************

悩みは、新しい関係性を作ることで解決が可能です。
過去にとらわれていても、具体的な解決にはなりません。

過去は動かないので変えられません。

そこにどのような意味・意義を与えるか、です。

未来には、悩みはありません。
未来にあるのは、不安です。

不安への対処方法は、日本ストレスチェック協会の習慣にあります。
ダイレクトに、不安とストレスに悩まない7つの習慣を学びたい人は、
入門講座へおこしください。

その根底にある理論を学び、周囲の人に不安とストレスに悩まない7つの習慣を
伝えたいと思われた方は、ストレスマネジメントファシリテーター養成講座におこしください。

共感したら、シェアおねがいします。

■==============================■
不安とストレスで悩まない技術を身につける入門講座
■【金沢、名古屋、大阪、東京で開催中】
■==============================■
ストレスマネジメントファシリテーター養成講座第3期情報
■日時:2015年6月6,7日(土日) 10:00-19:00 大阪開催!
■==============================■
社労士と産業医のコラボセミナー登録受付中
■2015年5月28日、10-17(19)時
■SCTは簡単です。その後に続く
■メンタルヘル スリスクマネジメントにこそ注意しましょう
■==============================■