今日は大腸内視鏡検査はありませんでした。

遅ればせながら、コロノ助のmainの請け負い先でも経鼻内視鏡がはじめられそうな土台ができつつあります。

でもいったい、どんな人が、経鼻内視鏡を受けるといいのか?

個人的な感想を書かせて頂きます。

①以前に(口からの)胃カメラを受けたことがあり、その時、オェッ!ウェッ!と、(嘔吐反射の)つらかった人。

②マウスピースをくわえると折れてしまいそうな、歯がぐらぐらしているご高齢者。

③脳梗塞等の後遺症などで、口が充分に開かないご高齢者の検査時、および、胃瘻造設時(もちろん鮒田式で)。

④③の人で胃瘻交換したときの確認。

⑤検査時に画面をreal timeでみせてもらえる施設で、みながらDrにいろいろ質問したい人。

⑥検査後、「のど麻酔がきれるまで1時間程、飲んだり食べたりしないで下さい。」が守れない人。



個人的には③④あたりで潜在的なneedsがあるのではないかと考えています。

如何?


あなたのご感想、お待ちしています。人気ブログランキングバナー